脂肪が燃やされ痩せるのが糖質制限ダイエット

脂肪が燃やされ痩せるのが糖質制限ダイエットです。食べ過ぎはもってのほかですが。

30代の方が便秘対策で試してほしいこと

   

現代社会において、便秘に悩む人は多いです。便秘は一度なってしまうと、なかなかガンコで治ってくれませんよね。実際、便秘解消法を試してみても上手くいかなかったという人は少なくないでしょう。

今回は、30代にスポットを当てて、便秘対策で試してほしいことをお伝えします。

30代の便秘の原因とは

20代で無茶をしたダメージが出ている、ということが考えられます。20代でストレスが多い生活や、不規則な食生活を送っていると、20代後半、30代あたりにジワジワと影響が出てきます。

基本的に20代から老化が始まり、だんだんと身体の機能が衰えていきます。20代と同じような生活リズムを取っている場合、身体がそれに追いつけなくなってくることも多いでしょう。そういった衰えの弊害が、便秘という形で現れたのかもしれません。

便秘の種類を知ろう

便秘には、いくつかの種類があり、それぞれ対策が異なってきます。

代表的な三つは、弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘のいわゆる慢性便秘です。弛緩性便秘はぜんどう運動が弱まったり筋力の低下で起こります。痙攣性便秘はストレスで起こり下痢と便秘を交互に繰り返すのが特徴です。直腸性便秘は便意を我慢するような生活を送っていると起こります。

自分がどの便秘に当てはまるのか、まず確認してみましょう。

20代のようにはいかないことを自覚する

まず対策にあたって大事なことは、20代とは体質が違ってきているということを自覚しましょう。加齢とともにある程度の衰えが出てくるのは仕方のないことです。そのうえで、身体に負担の少ない対策を心がけるようにしてください。

薬やサプリに頼りすぎない

対策の第一歩として重要なのは、薬やサプリで手早く解消する、という意識を外しましょう。根本的に生活習慣を改善しないかぎり、便秘薬などの摂取を辞めたら再発しがちです。もちろんこれらを利用するのは無駄ではないですが、

食物繊維を使い分けよう

食物繊維には水溶性と不溶性があります。便秘のタイプによって、これらを使い分けるのがオススメです。弛緩性便秘の場合は不溶性食物繊維を中心に摂り、水溶性は痙攣性便秘を多く摂りましょう。

もちろん規則正しい生活習慣を

食生活、適度な運動、睡眠、ストレスケアなどのほか、過度な飲酒や夜食なども控えるようにして、身体を良く整えておくことが大事です。仕事の関係ですべてを実行することは難しいかもしれませんが、出来る範囲で生活習慣を改善していきましょう。

1日数回の排便習慣をつける

排便習慣をつけることで腸を活発化させます。ただし、便意もないのに強くいきんだりするのはやめましょう。無理のない範囲で続けることが大事です。

 - 体重