脂肪が燃やされ痩せるのが糖質制限ダイエット

脂肪が燃やされ痩せるのが糖質制限ダイエットです。食べ過ぎはもってのほかですが。

コラーゲンを多く含む食材、摂取の際に避けるべきもの

   

コラーゲンは誰もが知る美容の為の栄養素の代表的存在といえます。

人体をつくり出すタンパク質のうち、三分の一を占めているのがコラーゲンです。得にコラーゲンは人の肌の真皮(表皮の下にあり、表皮へと栄養をおくるはたらきを持っています)の7割を占め、肌のハリを保つ重要な役割を果たしています。コラーゲンが減少すると、表皮に栄養が行きにくくなってシワやたるみが出来たり、肌の代謝が悪くなりターンオーバーがうまくいかなくなるとシミ等の色素沈着を引き起こします。

コラーゲンを多く含む食材

食材のなかで特にコラーゲンの含有量が多く、食べると効率良く摂取出来るものをご紹介します。まずコラーゲンの多い肉類としてあげられるのは、鶏肉の軟骨、手羽先、牛スジ肉、レバーやモツ等です。これらの食材の特徴としては、冷えるとゼラチン状の塊が出来ることですが、このゼラチン質の部分がコラーゲンなのです。

そして魚類で含有量の多いものとしてはフカヒレ、サケ、エビ、うなぎ、サンマ、イカ等があげられます。特にフカヒレは100グラムあたりのコラーゲン量が約9900ミリグラム(同量の牛スジ肉やうなぎのコラーゲン量は約5000ミリグラム)とかなり高くお勧めですが、高級食材ですからいつでも食べられるものではありません。

しかし鶏の手羽先や軟骨なら、手に入り易く、しかも鶏肉はどの部位を取ってもわりと高タンパク低カロリーなので、ダイエットもしたいしコラーゲンも取りたい人には最適な食材です。また、魚類は特に皮と身の間に多くコラーゲンを含むため、皮を残さず食べると良いでしょう。

コラーゲンを摂取する際に避けたいもの

コラーゲンの美容効果を下げない為に、避けておくべき食材もあります。その一つが糖分です。過度な糖の摂取は、コラーゲンが糖化されると固くなり、肌の弾力が失われてしまうのです。また、抗酸化物質を大量に消費してしまう脂肪も老化を促進させ、また脂肪によって太るとたるみやシワを作る原因となるので、摂り過ぎないよう注意しましょう。

 - 食品