脂肪が燃やされ痩せるのが糖質制限ダイエット

脂肪が燃やされ痩せるのが糖質制限ダイエットです。食べ過ぎはもってのほかですが。

たくさん噛んで食べれば満腹感を得やすく、自然と食べる量を減らすことができる

   

食べ過ぎは太るとわかっていても、なかなか満腹感を得られないとつい食べ過ぎてしまいますよね。

無理に食事量を減らそうとするとストレスになります。満腹感を得るために大切なことがよく噛むことです。たくさん噛んで食べれば満腹感を得やすく、自然と食べる量を減らすことができます。急いで食べるとあまり噛まずに飲み込んでしまいますよね。

飲み込むように食べていると満腹感を得らえず、食べ過ぎにつながります。よく噛むと満腹中枢が刺激されて満腹感を得ることができて、自然と食事量を減らすことができます。満腹感を得られれば、食べる量が減っても空腹によるストレスがありませんよね。

よく噛む食べ方をすると、食べるのにかかる時間が長くなります。満腹を感じるには食事を始めて15分くらいの時間が必要です。急いで食べるとあっという間に食事が終わってしまうので、満腹を感じることができません。その結果、食べ過ぎてしまいます。

ゆっくりよく噛めば時間がかかり、満腹中枢が刺激されます。また、噛むことで食事誘発性熱産生が高まります。食事誘発性熱産生とは食事をするときに消費されるエネルギーのことです。

食事をするのにも胃を動かすなどエネルギーを使っていて、1日の消費カロリーの10%程を占めています。たくさん噛めば食事でエネルギーを消費できます。1口30回以上を目安に噛むようにしましょう。噛む回数を数える必要はありません。

パンやパスタ、ハンバーグなど柔らかい食べものは30回も噛むことが難しいので、食事に固い食材を加えてたくさん噛めるようにしましょう。わかめなどの海藻、きのこ、野菜、玄米のような未精製の穀物は、自然とたくさん噛んで食べられます。

野菜は大き目に切ると噛む量が増えます。パンだったら食パンよりもフランスパンの方が固いです。肉ならハンバーグよりもステーキの方が噛む回数が増えます。パスタを食べるときは、きのこなど食物繊維が豊富でたくさん噛める食材を加えたものを選ぶとよいでしょう。

 - 体重