脂肪が燃やされ痩せるのが糖質制限ダイエット

脂肪が燃やされ痩せるのが糖質制限ダイエットです。食べ過ぎはもってのほかですが。

どうすれば若い頃と同じ体重を維持できるのか

   

30歳を超えたぐらいからエイジング(老化)する傾向が少しづつ出てきます。これは自然の摂理です。元々、人間の寿命は30年です。医療が発達して平均寿命は80年まで伸びてるのです。

アンチエイジングにおいて一番気になるのが体重の増加です。明らかに差が出てきますから歳を取ったと本人だけでなく、周りも認識できてしまう。

これは、エイジング(老化)により、基礎代謝が落ちる・筋肉量が落ちる・内臓機能が低下するなどが要因です。まずは、30代に入ると誰しも老化に入るのだと理解することが必要です。その上でどうすることが自分にあったアンチエイジングなのかを選択する。

体重においては、遺伝要素や環境要素(これまでの食事内容)が主に問題となりますから、自分の親族を見れば遺伝要素はすぐにわかります。30代を越えてから太りだしてる親族がいれば自分もその傾向になりやすいです。20代の頃からお酒・たばこ・偏った食事をしていたとすれば、30代を超えるとその影響がでてきます。どんなにスリムだったプロスポーツ選手が30代に入り引退してから劇太りするケースをみれば納得できます。

では、どうすれば若い頃と同じ体重を維持できるのかを考えてみます。運動量と食事改善は当たり前ですが、その改善方法は、程度があります。運動をバリバリすればたしかにダイエットできて細身の体になれますが、逆にやり過ぎると老化を早めてることもあるので注意です。

アンチエイジングという観点からいうと、適度な運動が一番です。いきなりランニングをする人がいますが、ランニングは人間にとって実はプラスではないのです。人間の身体は走るために作られていないからです。ランニングのやり過ぎは見た目以上に内臓を老化させてしまうデメリットもあります。適度という点では、普段から早足で歩くことや、不便を利用し階段を利用するとか、たまにスポーツを楽しむことです。これらを若い頃に意識してこなかった方にはお勧めします。簡単なことですが、やり続けることが大切です。

食事改善においても肉食を控えれば良いというわけではないです。肉を食べるだけでは太らないです。

肉を食べる時のサイドメニューが実は影響してます。肉にたくさんのソースをかけたり、肉と一緒に脂系の食事を一緒に摂取してたりする。ですから、食事する際に野菜をまず食べてから肉を頂く、その時にソースは控えめにする。20代と同じ食事であっても、ちょっとした工夫をすれば改善に繋がります。これも簡単なことですが、継続することが大切です。

 - 体重